オンライントレードで重視すべきは取引システム?

インターネットの発達によって、生活の多くが変化しました。一昔前では考えられないことも多いですよね。
買い物のほとんどをAmazonに頼ってしまっているという人も、決して珍しくはないのでしょうか。ツイッターやLINEが気になって、1時間だってスマホが手放せないという人もいるでしょう。
投資の世界でもインターネットの発達の影響は大きく、今ではすべての個人投資家がオンライントレードを利用していると言っても過言ではありません。

多くの証券会社ではオンライントレードに対応していますが、オンライントレードさえ利用できればどこでもいいというわけではありません。
証券会社には様々な特徴があり、その中から自分にぴったりな証券会社を選べるかどうかが、今後トレーダーとしてどれだけ稼げるかの差になります。
選ぶ基準としては、手数料がどれぐらいなのか、扱っている銘柄は豊富なのか、サポートは充実しているのかなどが考えられますが、オンライントレードのシステムが使いやすいかも見逃せません。

オンライントレードで重要なのはどのようなシステムが用意されているかということです。
例えば楽天証券では投資家ごとのスタイルに合わせて、いくつもの取引ツールが用意されています。
「マーケットスピード」は1999年以来、60万人以上に利用されているツールで、初心者からトップトレーダーまで幅広く満足させてくれます。
ダウンロードしてインストールするタイプの取引ツールですが、Windows版はもちろんMACに対応したバージョンも用意されているため、ほとんどのパソコン環境で利用することが可能です。
株取引だけではなく、FX取引に特化した「マーケットスピードFX」も用意されています。トレーディングツールでありながら、グッドデザイン賞を受賞しておりその情報量と操作性は魅力的です。
もちろん、パソコンだけではなくスマートフォン(iPhone/Android)に対応した「iSPEED」や、タブレットに対応した「iSPEED for iPad」も用意されています。

今ではモバイル取引が当たり前ですので、モバイル環境がどれだけ用意されているかは、証券会社を選ぶ上で重要なポイントとなります。
ただモバイルに対応していればいいというわけではなく、用意されている取引ツールがどれだけ自分にとって使いやすいかどうかをよく調べてみることが大切になります。