オンライントレードは生活時間に合わせてさまざまな形の取引ができる

オンライントレードの大きな特徴に、24時間いつでもどこからでも取引できる、というものがあります。

これによって、日中は忙しいサラリーマンなどでも、夜遅く帰宅してからでも十分に株取引を行うことができるようになっています。

ただし、24時間行えるのはあくまで注文だけです。実際に取引が行われるのは、取引所がオープンしている時間だけです。たとえば、東京証券所では午前9時から11時半までの前場と、午後12時半から15時までの後場がそれに当たります。

とはいえ、注文には指値注文をはじめとして、自分で取引する条件をあらかじめ細かく設定しておくことができる機能が多くあります。これらをうまく使えば、リアルタイムで取引しているのと同じような感覚で、かなり思い通りの取引ができるようになるでしょう。

時間外に注文を出しておくということには、意外なメリットもあります。

たとえば、初心者にとってはつねに変動しつづけている相場を見きわめるというのは、かなり難しいことです。そのことが高いハードルとなって、なかなか株取引に参加しづらいという人も多いのではないでしょうか。

しかし、証券所がオープンしていない時間帯であれば、チェックしておけばよいのはその日の終値だけです。現在の値動きを気にする必要がないので、落ち着いてじっくり取引を考えることができるわけです。

それでも、どうしても時間外に直接取引を行いたいという人もいると思います。

そういったときには、PTSと呼ばれる私設取引システムを利用することもできます。現在ではSBI証券一社のみしかあつかっていませんが、こちらであれば午前8時20から午後16時、午後18時から23時59分の時間帯に取引を行うことができます。

時間外に大きなニュースがあったときなどには、いち早く市場の動きに対応できるので、とてもメリットのある方法です。

ただし、参加者が少ないので売買自体が成立しなかったり、不利な価格での取引になってしまうことがあるのでその点には注意が必要です。

このように、時間外でもさまざまな戦略を取ることができるのも、オンライントレードの大きな魅力のひとつです。もちろん、日中でも時間を作れるという人にとっては、それだけチャンスが大きく広がります。

みなさんも、自分のライフスタイルに合わせて、もっとも有利となる取引について考えてみましょう。